猫用のレボリューション

猫のフィラリア予防とノミ・ダニ駆除はレボリューションで一気に解決

猫

犬を飼うと、フィラリアやノミ・ダニの予防を毎月しなければいけません。それを聞いて、「うちは猫でよかった」と安心している愛猫家もいるのではないでしょうか。

しかし、猫だからといって油断は禁物です

確かにフィラリアやノミ・ダニによる被害は犬のほうが多く確認されていますが、猫もこれらの寄生虫に感染し、病気になることがあります

このような事態を未然に防ぐために、レボリューションを使って愛猫を寄生虫から守ってあげましょう。

猫用のレボリューションとは?

猫用のレボリューション

レボリューションはペットの薬のひとつであり、フィラリア予防やノミ・ダニ駆除を目的に使用します。内部寄生虫を代表するフィラリア、外部寄生虫を代表するノミ・ダニの両方をまとめてカバーできる点が優れており、これひとつあれば、複数の薬を買う必要がありません

また、スポットオンタイプであることも、多くの飼い主さんから支持されている理由のひとつです。動物は嗅覚が発達しているため、無理に錠剤を飲ませようとしても、すぐに異変を察知して拒んでしまうことがあります。現に、「錠剤を飲ませるのに毎回苦労する」という声は少なくありません。

しかし、スポットオンタイプであるレボリューションは、首筋に適量を滴下するだけでOK。ペットに抵抗されることなく、スムーズに投与できます。

そんなレボリューションには犬用と猫用がありますが、今回は猫用の商品にフォーカスを当てたいと思います。

猫用のレボリューションの効果は?

ノミのシルエット

基本的に、フィラリア予防薬はフィラリアやその他の内部寄生虫に、ノミ・ダニ駆除薬はノミ・ダニをはじめとする外部寄生虫に有効です。そのため、内部寄生虫と外部寄生虫の両方をケアしようとすると、それぞれ薬を用意する必要があります。

それに比べてレボリューションなら、これひとつで内部寄生虫も外部寄生虫もまとめてケアできます。別々に薬を購入する場合に比べて、単純に購入費用を削減できるほか、投与し忘れることを防ぐことも可能です

そんなレボリューションでケアできる寄生虫として、フィラリアや回虫、ミミヒゼンダニ、ノミなどが挙げられます。以下、それぞれについて簡単にまとめてみました。

フィラリアの寄生予防

猫用のレボリューション

犬の病気として有名なフィラリア症ですが、実は猫がかかることもあります。フィラリア症はその名のとおり、フィラリアという寄生虫によって起こる病気です。

蚊を介して体内に侵入した幼虫がそのまま成長を繰り返し、成虫になることでさまざまな症状が現れます。

猫に寄生したフィラリアは、最終的に肺やその周辺に棲み着きます。これが原因で呼吸器がうまく機能しなくなり、咳や呼吸困難といった症状が現れやすくなります。さらに状態が悪化すると腹水や血尿といった症状が見られることもあるほか、最悪の場合は命を落とすケースも確認されています。

このような事態を招かないために、レボリューションの投与は欠かせません。有効成分のはたらきによってフィラリア幼虫を麻痺させることで、成長を抑制し、そのまま死滅させることができます

フィラリアがまだ幼虫であれば、目立った症状が出ることはありません。その間にレボリューションを投与し、深刻な事態を招く前に対処しましょう。

また、1回の投与で1ヶ月間、この効果が持続するのも優れたポイントです。効き続けている間であれば、仮に再びフィラリア幼虫に感染したとしても、すぐ死滅させることができます。

回虫の駆除

回虫の駆除

回虫は、線虫類に属する寄生虫の一種です。主に哺乳類に感染し、小腸に寄生します。人間に寄生する「人回虫」、犬に寄生する「犬回虫」、猫に寄生する「猫回虫」といったように、寄生する対象にあわせて固有の種類が存在しています。

猫に回虫が寄生するケースとして考えられるのは、回虫の卵を持つネズミや鳥を猫が口にした場合です。また、親猫から子猫に母子感染するケースもあります

回虫による主な症状ですが、成猫の場合は無症状であることがほとんどです。しかし、子猫の場合は、嘔吐や下痢、脱水症状、栄養失調、体重減少といった症状が現れることがあります

レボリューションは、そのような回虫を駆除するのに役立つ薬です。有効成分のはたらきによって回虫の神経系を阻害し、体を麻痺させます。これによって回虫は生命を維持することができなくなり、自然に死滅します。

ミミヒゼンダニの駆除

ダニのイラスト

一口にダニと言っても、さまざまな種類がいます。たとえば、最も身近な室内に発生するダニは、一般に“イエダニ”と呼ばれます。そして、猫に寄生するダニのひとつとして、“ミミヒゼンダニ”が挙げられます。

ミミヒゼンダニは、猫の耳の中に棲み着くダニです。耳垢や耳内から分泌される組織液を栄養源として、成長・繁殖を繰り返します。

このダニが寄生すると、やがて激しいかゆみが生じます。猫にとって、このかゆみは大きなストレスになります。

また、耳を激しく掻きむしってしまうことで皮膚が傷つき、皮膚炎を引き起こす可能性があります。傷口から病原菌や雑菌が入ってしまうと、さらに別の病気を引き起こす危険性も高まるので注意が必要です。

愛猫にミミヒゼンダニが寄生しているかどうかは、耳の中を確認することで判別できます。乾燥した黒い耳垢が詰まっていたら要注意。これはミミヒゼンダニの糞と耳垢が混じってできたものなので、ミミヒゼンダニが寄生していることを意味します。

また、耳周辺の臭いをかいでみて、いつもと違った異臭がする場合も、ミミヒゼンダニの寄生を疑ったほうがいいでしょう。もちろん、猫がしきりに耳を掻きむしっている場合も、寄生されている可能性が高いといえます

そして、ミミヒゼンダニが寄生している場合は、状態が悪化する前にレボリューションで駆除するようにしましょう。

有効成分のはたらきによってミミヒゼンダニを麻痺させ、そのまま死滅させることができます。

ノミの駆除と予防

レボリューションでノミの駆除と予防を推奨する医者

レボリューションは、ノミにも優れた殺虫効果を発揮します。有効成分が浸透した血液をノミが吸うことで、殺虫効果がはたらき、すみやかに死滅させます

また、ノミは吸血から約48時間後に産卵するという特性があることから、産卵およびそれによる繁殖を未然に防ぐことも可能です。

ノミが草むらだけでなく、室内にも発生する身近な寄生虫のひとつです。刺されると患部に強いかゆみが生じることで有名ですが、このかゆみが猫にとっては大きなストレスになります

また、我慢できずに患部を掻きむしってしまうと、皮膚が傷つき、皮膚炎を引き起こすリスクが高まります。そのほか、大量に繁殖している場合は、総吸血量が増加し、貧血を招くことも考えられます。

愛猫がいつも以上に体を掻きむしっている、壁や床に体をこすりつけている、といった場合はノミが寄生している可能性大。早めにレボリューションで対処してあげましょう

猫用レボリューションの投与方法は?

フィラリアをはじめ、さまざまな寄生虫に効くレボリューションですが、その効果を最大限に発揮させるためには、用法用量を守って投与することが必要不可欠です

また、猫の体重にあわせて複数の種類が販売されているため、愛猫に適したものを選ぶことも忘れないようにしましょう。

猫の体重にあわせた薬の選択を

子猫用のレボリューション

レボリューションは、猫の体重にあわせて「子猫用」と「猫用」の2種類が販売されています。愛猫が2.5kg以下なら子猫用を、2.6~7.5kgなら猫用を購入しましょう。いずれも含有する有効成分は同じなので、得られる効果に違いはありません。

しかし、各成分の配合量が異なります。これは、猫のサイズに適した成分量を計算して作られているためです。

そのため、不適切なものを与えてしまうと、効果が最大限に得られない、あるいは強く効きすぎて副作用が出る、といった弊害が生じる可能性があります。

猫用レボリューションの投与方法

スポットオンタイプ

レボリューションの投与方法はシンプルで、皮膚にピペットを当てて、そのまま液剤を塗布するだけです。あとは自然に液剤が浸透していき、効果を発揮します。

塗布する場所は、猫が触ったり舐めたりできない首筋がオススメです。投与してから1ヶ月間は効き続けるので、毎日投与する必要はありません

月に1回、決まった日に投与しましょう。

とはいえ、最初の1ヶ月目は動物病院で処方、投与してもらうことをおすすめします。専門家から投与方法や使用上の注意についての説明を受けることで、以後、正しく投与してあげることができます。

また、毎月の投与を忘れないように注意してください。ノミやダニは季節に関係なく発生するため、投与を忘れてしまうと、その間に寄生される可能性があります

そのほか、投与後は液剤が完全に浸透するまでその部位を触らない、体力や免疫力が落ちている猫に投与しない、といったことも心がけましょう。

猫用レボリューションの購入方法とは?

通販サイトで購入しようとしている女性

使用するにあたっていくつかの注意点はあるものの、レボリューションは猫を寄生虫から守るために欠かせない薬です。では、レボリューションを購入するためにはどうしたらいいのでしょうか。

レボリューションを購入する方法は2通り。「動物病院で処方してもらう」、もしくは「通販サイトを使って注文する」ことです。

おそらく、多くの方にとっては前者の方法が一般的なのではないかと思います。むしろ、「通販サイトで買えるの?」と今知った方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、通販サイトでレボリューションを購入することのメリットを、以下にまとめてみました。

猫用レボリューションは通販購入がお得

空輸される商品

はじめに、レボリューションを販売する通販サイトについてお話します。この通販サイトは「個人輸入代行サイト」と呼ばれており、海外製の医薬品のみを取り扱っているのが特徴です。

通常、フィラリア予防薬やノミ・ダニ駆除薬といったペットの薬は、要指示医薬品に指定されています。そのため、獣医師さんの指示があった場合、もしくは処方箋を出された場合しか購入できません。

しかし、これはあくまでも日本国内における決まりであり、海外で流通している商品には適用されません。つまり、海外から輸入した医薬品であれば、獣医師さんの指示や処方箋がなくても個人で購入し、使用できるのです

しかし、海外からの輸入には特別な手続きが必要であり、一個人ができるものではありません。そこで、専門の代行業者が私たちの代わりに輸入手続きを行い、海外から商品を取り寄せてくれるのです

一見すると怪しげなサービスのように思えるかもしれませんが、これは日本の薬事法によって合法的に認められているので安心してください。

ただし、「取り寄せた商品を第三者に譲渡する」「第三者の代わりに購入する」といった行為は禁止されています。これらの行為をしてしまうと違法になるので、その点は注意しましょう。

そして、この個人輸入代行サイトを利用すれば、レボリューションを簡単かつお得に購入することができます。注文方法についても、Amazonや楽天で買い物をするときとほとんど同じ手順なので、ぜひお試しください。

病院よりも安いの?猫用レボリューションの価格

得して喜んでいる女性

レボリューションは動物病院で処方してもらうこともできますが、その場合はそれなりの出費をともないます。薬価は病院によって異なりますが、子猫用が1本あたり1,300円前後、猫用が1,500円前後に設定されていることが多いようです。

これに加えて、初診料や再診料、検査料などもかかります。毎月処方してもらわなければいけないことを考えると、最終的にかなりの金額になることが予想されます。

一方、個人輸入代行サイトでは、子猫用が3,500円前後、猫用が3,700円前後で販売されています。これは1箱(3本入り)の価格なので、1本あたり1,200円前後で購入できる計算になります。

また、初診料をはじめとする各料金についてですが、これは動物病院を利用するわけではないのでかかりません。そのほか、まとめ買いをすることによって1箱あたりの価格が安くなったり、割引キャンペーンを利用することでお得に購入できたりするのも大きな魅力です。

定期的に継続して購入することを考えれば、個人輸入代行サイトで注文したほうがはるかに出費を抑えることができます。特に多頭飼いをしている方は、より大きな恩恵を受けることができるでしょう。

節約しつつ愛猫の健康を守るために、ぜひチェックしてみてください。

このサイトの記事

TOPへ